信楽ACT2008

<< 廣川純  |  福村真美 >>

廣川みのり

廣川みのり

陶芸  展示場所: 山熊窯
 

  • 1972年京都精華短期大学デザイン科卒業
  • 1973年京都市立工業試験場の研修生として入場
  • 1974年 研修終了信楽で「れいさい工房」設立
  • 以後19年間信楽を拠点として作陶を続ける
  • 1993年蒲生郡日野町に工房を移転
  • 1999年自宅展を毎年開催
  • 2001年第12回秀明文化基金賞を受賞
  • 現在に至る
  • 個展、グループ展多数

なつかしい古巣の大窯町、私の仕事のルーツが埋まって居る山熊製陶所に、陶器の卵を埋めてみたいと思い立ちました。何故に卵なのか玉子なのか?それはこれから作りながら考えて行く事になるのでしょう。私にとっては彼の地に埋める事にこそ意味があるのかもしれません。新たに生み出す次の一歩を見る為に。

廣川みのり 作品

<< 廣川純  |  福村真美 >>

▲ページトップへ戻る