信楽ACT2009

<< 川崎琢介  |  岸上秀一 >>

神部千夏

神部千夏

陶芸  展示場所: 山熊窯
 

  • 1976大阪府高槻市生まれ
  • 1980滋賀県滋賀郡(現大津市)志賀町移り住む
  • 1997嵯峨美術短期大学陶芸コース卒業
  • 1999京都精華大学陶芸専攻卒業
  • 2002-現在 個展.グループ展を中心に自宅兼工房にて制作活動中

少し早い春の足音。
なにか始まりそうな匂い。芽吹く音。生まれる予感。

ものをつくること。
土をさわっていると幼い頃とたいして変わらないことに気づかされます。
大事にしているもの、好きな形、気になる色。
そしてちょっとの苦手なもの、自分のだめなところ。
幼い頃に培ったものってすごい。
漠然としているけどそんな難しいものではないような気もします。

毎日は当たり前のようにいつもと変わらないほっこりしたもの。
毎日はちょっとした工夫で昨日とは違う明日に出会えるもの。
そんなくりかえし。

そんな日々の中で流れる時間より少しだけ贅沢に丁寧につくりあげられた時を刻めたら。
参加作家さんたちの器によるおもてなし。

神部千夏 作品

<< 川崎琢介  |  岸上秀一 >>

▲ページトップへ戻る