信楽ACT2009

<< 長谷川真子 藤木三園  |  福村真美 >>

廣川純&山みゆき

廣川純&山みゆき

陶芸  展示場所: ウエニシ電化倉庫
 

  • 廣川純
  • 1950 大阪生まれ
  • 1976 信楽窯業試験場研修終了
  • 1977独立以後16年間、信楽にて作陶
  • 1993 工房を現在の日野町に移転。
  • グループ展
  • 1984日本クラフト展/朝日現代クラフト展/高岡クラフト展等
  • 1989日本クラフト展会員として2000年まで毎年出品
  • 2005四日市萬古焼総合コンペ2005 グランプリ受賞。
  • 個展
  • 1999 日本橋高島屋?'04年まで毎年開催
  • 2000 ギャラリーにしかわ(京都)/'01, '03 '05,'07
  • 2004 酒の器TOYODA / '05, '06 ,'07等、多数。
  •  
  • 山みゆき
  • 祖父マツオの影響により、豆のおやつにはまる。
  • 少女期 みようみまねでホットケーキを作ったが、薄力粉と片栗粉を間違え失敗するも、ジャムでごまかし完食。同時におやつ作りに目覚める
  • 今期「大阪スクール オブ キャリナリーアート」にて洋菓子の勉強。/同時に街のケーキ屋にて、製造、接客。
  • チョコレート専門店にてホール業務を経験する。

廣川純
土鍋作家の廣川純と、製菓学校を卒業したばかりの山美由希が、ライブカフェ「セカンド ライン」を、開店します。
廣川の土鍋でカレー、耐熱陶板でナンを焼き、ご飯鍋でご飯を炊きます。
思わず笑顔になってしまう、スィーツとコーヒーは山みゆき。
お客さんが一人でも、フィーリング次第。大賀朗人と中大路優のギター、廣川もベースで飛び入りというレイジーライブ付きです。
食事や、スィーツ、音楽を通じて、老いも若きも、男も女も、垣根を越えて繋がって、現代社会の憂鬱を吹き飛ばそ〜〜!が、理想です。

山みゆき
日常的に食べてほっこりするような、きどらないおやつ作りをめざしています。よろしく!

廣川純&山みゆき 作品

<< 長谷川真子 藤木三園  |  福村真美 >>

▲ページトップへ戻る