信楽ACT2009

<< 山田洋次  |  吉田友幸 >>

山本淳平

山本淳平

陶芸  展示場所: 壷文
 

  • 2004年 沖縄県立芸術大学美術工芸専攻彫刻科 卒業
  • 2005年 マレーシアマラ工科大学ワークショップに参加
  • 2006年 「空想図鑑」  二人展 愛知県常滑市  ギャラリーセピカ
  • 2007年 「夢喰い一座」 個展 愛知県常滑市  ギャラリー方円館
  •        長三賞陶芸展        入選  愛知県
  • 2008年 「常滑現代美術展」 愛知県常滑市 常滑市民文化会館
  •        「土遊びの景色」 三人展 愛知県名古屋市  ノリタケの森ギャラリー
  •        「空想動物園」 個展 愛知県常滑市  ギャラリーセピカ
  •        西脇市 サムホール大賞展 入選  兵庫県
  •        福井サムホール美術展  佳作  福井県

私達がいる現実の世界にはいない、夢の世界にしかいないような生き物が、リアリティーをもって現実の世界にいる。私はそのような物を作りたいと思っています。
山や海といったいわゆる天然の情景にではなく、動物とか建物や車などの人工物とかに心が動くのは、私の興味の対象が子供の頃と変わっていないからだということになると思います。
幼いころから絵を描くのが好きでした。沢山の色を使った絵が好きでした。
そのモチーフとなったのが、現実とは少し離れた世界にいる生き物だったり、夢の街を走る機関車だったりしたのです。
陶芸という世界に身を置くようになっても「空想世界の具現化遊び」はやめられそうにありません。

山本淳平 作品

<< 山田洋次  |  吉田友幸 >>

▲ページトップへ戻る